依頼文書 [#490]

e0198787_21224749.jpg


乳児期

おとなしいふりをしていた。そうしないと餌をもらうことが出来なかった

幼児期

好奇心旺盛で身の回りのもの全てに手当たり次第いろいろ質問し続けた

小学校

目線はどこか焦点があっていなかった

作文で書いた「わたしの未来」をみているのだろうと親や先生は思っていた

中学校

異性への興味は人並みにあったが毎日が退屈であった

成績は問題なかった

高校

反抗期は時期を逃してしまったので用いなかった

いや、反抗するものがなかった
[PR]
by isshaissou | 2010-09-16 21:22 | 一写一想


わたしの日常をどうぞ、あなたの日常は美しいですか?


by isshaissou

プロフィールを見る