ある冊子 [#6]

e0198787_18243943.jpg



e0198787_18244321.jpg




ちょうど去年の今頃の写真(撮影は2004.3.19とある)

この時期の土手は、暖かい気候もあり、様々な人が訪れる。

そんな「土手人」のなかに、

この冊子を残していった人がいる。

―高校生か

―もう一回決定の人か

浪人が決まったあの時の思い。

世界は無慈悲だと思えたし、

自分自身を信じられなくもなった。

その時あたりから、思ったことをメモする習慣ができた。

自分自身が何を思い、何を考えているのか

はっきりとした形で確認したかった。


写真も、それに似ているのではないかと

一年前の写真を見ながら思う。



「私に足りなかったもの、私に必要なもの、ここにはありますか、」

冊子にあるこの言葉をみて

[ここ]とは何処かと考える。




2005/3/25(金) 午後 6:52
[PR]
by isshaissou | 2012-06-19 18:24 | 一写一想(過去作品)


わたしの日常をどうぞ、あなたの日常は美しいですか?


by isshaissou

プロフィールを見る