物語 [#565]

e0198787_10444843.jpg




静かなアトリエでは

ひとつの物語が描かれている



鉛色のモノクロームの色彩に

一色の赤

その赤は瘡蓋を剥がした時の鮮血の様で

うつろな眼差しの人物にかすかな生を与えている



どうして生きているのか

女性は問い続けている



鳴り止まない心臓の鼓動の速度をあげれば

それは早く止まるのでしょうか



息が切れ

身体から溢れてくるものは

悲しいけれど皆暖かく

だから尚更

その問いは大きくなる



誰かの手を握っては

傷を付けてしまう程に

私の手は荒れていて

いつも血がにじんでいる



かつて

冬の帰り道に

手を繋いだことがあった

暖かいねと

かじかんだ手を包まれながら



生きていてもいいのだと

唐突に感じた



今ではその生に理由を求めている

どうして

どうして



見つかる事のない問いを掲げて

走っている



ずっと前から分かっている

そんなことは分かっている



描かれた女性は

赤い涙を流しながら

雪の降る公園に立っている
[PR]
by isshaissou | 2013-09-22 10:43 | 一写一想


わたしの日常をどうぞ、あなたの日常は美しいですか?


by isshaissou

プロフィールを見る