カテゴリ:一写一想(過去作品)( 35 )

歩く [#4]

e0198787_1815355.jpg




自分で歩いていると思うけれど

それが時々

曖昧なものになるときがある



2005/3/17(木) 午後 11:20
[PR]
by isshaissou | 2012-06-17 12:21 | 一写一想(過去作品)

ローファーとハイヒール [#440]

e0198787_03536.jpg



「私の顔に塗るよりも高いクリームで磨いた靴」



ローファーを表した詩人がいた

遠い明日へ背伸びをした少女が

スキップをしていた


その少女は今

かつての遠い明日の先を過ごしている

否応なく背丈が高くなる

ハイヒールを履きながら





2009/10/21(水) 午後 9:25
[PR]
by isshaissou | 2012-06-16 00:03 | 一写一想(過去作品)

忘れられた玩具 (#3)

e0198787_0234230.jpg


忘れられた玩具は、

今日、初めて星空の下、

ゆっくりと、寝るのだろう。

いつもは四角い箱の中で、

正義の味方のボヤキ混じりの寝言や、

せなかにぎざぎざのある怪獣のいびきに

うんざりしていたから




2005/3/16(水) 午後 11:27
[PR]
by isshaissou | 2011-10-20 00:23 | 一写一想(過去作品)

飛行機 [#2]

e0198787_2112117.jpg


e0198787_21123277.jpg



エンジンを積んでいるのかいないのか、なんて

特に問題ではなかった。

程よい風さえ、あれば充分だったのに。

私にエンジンじゃ飽き足らず、

ミサイルまで積んだ。

その時、私は風があるかないか、が

特に問題でなくなっているのに気づいた。




2005/3/15(火) 午後 8:48
[PR]
by isshaissou | 2011-10-12 21:12 | 一写一想(過去作品)

人形[#1]

e0198787_2163497.jpg



ゴミ捨て場でない場所に、人形が放置されていた。

…せめて、焼かれたかった。

ほんとうに焼かれたかったのか?

骨をハシとハシで持った時、人はこんなに軽いのかと

悲しみよりも、驚きの方が大きかった。

強くはさめば、「灰」は空に舞ってしまうことが容易に想像できた。

私は焼かれたいか?

…分からない

せめて今は、「がんばる」ことにするよ。



2005/3/15(火) 午前 2:30
[PR]
by isshaissou | 2011-10-12 20:58 | 一写一想(過去作品)


わたしの日常をどうぞ、あなたの日常は美しいですか?


by isshaissou

プロフィールを見る