<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ある顕微鏡 [#499]

e0198787_2005045.jpg


ある顕微鏡は静かに笑い続けている



みることを求めたがみられなかった時

何に原因を求めてきただろう

かなわなかった夢の責任を

見えない何かに押し込んだまま

歩いてしまってはいやしないか



ある顕微鏡は静かに笑い続けている



みることを求めたがみられなかった時

何に原因を求めてきただろう

引いてしまったあっちとこっち

向こう側はまだ見えるか

歩いていくことはまだできるか



ある顕微鏡は静かに笑い続けている
[PR]
by isshaissou | 2010-09-27 20:01 | 一写一想

夜[#498]

e0198787_2313646.jpg


明日へ向かうための夜なのか

昨日に固執するための夜なのか

今日もまた夜が来る

準備がまだ出来ていない

どちらかを得る為の

準備がまだ出来ていない

車が一台通り過ぎた
[PR]
by isshaissou | 2010-09-25 23:01 | 一写一想

シャツ [#497]

e0198787_19164585.jpg


シャツをひとつ

風になびかせよう

わたしの「今日」を誰かに届けてもらえるように


シャツをひとつ

風になびかせよう

誰かの「今日」をわたしが着れるように
[PR]
by isshaissou | 2010-09-18 19:16 | 一写一想

明日は何をしようか [#496]

e0198787_19494252.jpg




明日は何をしようか

ねぇ、僕の話を聞いてくれ



自らの本当の問題は

問題を解く力がないことではなく

問題に向かう勇気や覚悟が無いだけであったと

長雨の後に晴れ渡った空の下で

絶望し気がついた




明日は何をしようか

ねぇ、僕の話を聞いてくれ




多くの問題に目を向けてみると

これと同じことが問題になっていて

その問題を自らに見出すことなく

どうにか他人のせいにしようと努力しているところに

大きな問題があるように感じられる




明日は何をしようか

ねぇ、僕の話を聞いてくれ




イマジネーションの本当の使い方はそんなんじゃない

自らの問題に立ち向かうことで

他人さえも勇気づけられる方法をイマジネーションと僕は叫ぶ




イマジネーション!



明日は何をしようか

ねぇ、僕の話を聞いてくれ
[PR]
by isshaissou | 2010-09-17 19:50 | 一写一想

あの窓辺から [#495]

e0198787_22245519.jpg


e0198787_22251336.jpg


e0198787_22253018.jpg


あの窓辺から

あの窓辺から

どうして語りかけてくれなかったの

あの窓辺のこちら側で

わたしはずっと待っていたのに


あの窓辺から

あの窓辺から

どうして歌ってくれなかったの

あの窓辺の向こう側で

ずっと楽しそうに口ずさんでいたのに


あの窓辺から

あの窓辺から

どうして迎えに来てくれなかったの

動けないのを言い訳にして

ずっと待っていたのに
[PR]
by isshaissou | 2010-09-16 22:25 | 一写一想

とおいまち [#494]

e0198787_226249.jpg


とおいまちが見える

とおいのに

おかしいね


歩いてきたら近づいてきた

とおいまちは

まだ

とおいのか
[PR]
by isshaissou | 2010-09-16 22:06 | 一写一想

色探し [#493]

e0198787_2203132.jpg


色探しをしよう?

あなたを表すことが出来る

色探しをしよう


色探しをしよう?

あなたをみることが出来る

色探しをしよう


色探しをしよう?

あなたが存在出来る

色探しをしよう
[PR]
by isshaissou | 2010-09-16 22:00 | 一写一想

きまり [#492]

e0198787_21531282.jpg


きまりをひとつあなたに

一日一回あなたのイメージを信じなさい

きまりをひとつあなたに

そのイメージは善か悪か判断しなさい

きまりをひとつあなたに

善だったら紙飛行機に書いて飛ばし、悪なら愛おしい人に手紙を出しなさい

きまりをひとつあなたに
[PR]
by isshaissou | 2010-09-16 21:53 | 一写一想

ある情動 [#491]

e0198787_21374327.jpg



原因はいつも自分にあるんだと


ある情動が爆発した

原因なんて聞かれても困ったし

いつから蓄積していたのかなんて知る由もない


原因はいつも自分にあるんだと


社会はいつも誰かのわるぐちを言っているのに

異国から来たと言うだけで対象になってしまって

見えない圧力にいつもふるえている


原因なんて聞かれても困ったし

いつから蓄積していたのかなんて知る由もない


原因はいつも自分にあるんだと


見上げた空に鳥が一羽

羽ばたいていた

撃ち落とされて間もなく落下した


原因なんて聞かれても困ったし

いつから蓄積していたのかなんて知る由もない
[PR]
by isshaissou | 2010-09-16 21:37 | 一写一想

依頼文書 [#490]

e0198787_21224749.jpg


乳児期

おとなしいふりをしていた。そうしないと餌をもらうことが出来なかった

幼児期

好奇心旺盛で身の回りのもの全てに手当たり次第いろいろ質問し続けた

小学校

目線はどこか焦点があっていなかった

作文で書いた「わたしの未来」をみているのだろうと親や先生は思っていた

中学校

異性への興味は人並みにあったが毎日が退屈であった

成績は問題なかった

高校

反抗期は時期を逃してしまったので用いなかった

いや、反抗するものがなかった
[PR]
by isshaissou | 2010-09-16 21:22 | 一写一想


わたしの日常をどうぞ、あなたの日常は美しいですか?


by isshaissou

プロフィールを見る