明日が来る [#590]

e0198787_2192615.jpg


明日が来る

その前には

いつもこの眺めがあって

今日のいくつかの

苦しみや悲しみは

夕焼けに燃やすことが

私たちには出来る


明日は突然はやってこない


明日が来る

その前には

いつもこの眺めがあって

今日のいくつかの

後悔や失敗も

夕焼けを燃やす薪に

私たちは出来る
[PR]
# by isshaissou | 2015-06-29 02:26 | 一写一想

黄色い花  [#589]

e0198787_0103270.jpg


美しい黄色い花は

うまく風を捉えて揺れていて

時々私に微笑みかけて去って行く


記憶の中での戯れを

現実で観ようなんて傲慢が許されるのは

幸福であるとしかいいようのない斜陽の刻
[PR]
# by isshaissou | 2015-05-02 00:10 | 一写一想

絵画の価値 [#463]

e0198787_101423.jpg




その絵画の価値を私は忘れてしまった

とても美術史的に重要だったのにも関わらず

私は忘れてしまった


誰かが一生懸命に

人類の巻物の中に

その絵画を位置づけた

皆それを疑いもしなかったのだが

記述はあるとき消えていた


その絵画の価値を人類は忘れてしまった

重要だったのかなんて当然議論もされず

人々は行き交う





目の前にはただ風に揺れる絵画がある





2010-01-12 21:26
[PR]
# by isshaissou | 2015-01-16 10:01 | 一写一想(過去作品)

ある男 [#447]

e0198787_9503542.jpg



ある男が

一人で歩いてどこかに消えた

男は

夢を追いかけていた



男は



痩せた枯れ木のような体を

大きな大木に寄り添わせ

後悔などをしながら

ただ時を浪費している



夢は

意外にもすぐに手に入れることが出来た

豊潤な果実が美味しかったころはすぐに過ぎ去り

それは風が走り抜けるようなさわやかさを伴って

私に実感させた


ああそうか



大きな後悔を



まだ残る豊潤な果実を

朝から晩まで涙を流しながら食べ漁って

眠りについた

夢などは一切みることはできなかった

ただ眠る


いつからこうしているっけ

おもいだせなかった


もう一度夢をみたかった

男は枯れ木のようにやせ細り

大きな大木によりかかっていた

朝になって

見上げた枝には見たこともない果実が実っていたが

男はもはや

立ち上がることも出来なかった



ある男が

一人で歩いてどこかに消えた

男は

夢を追いかけていた




2009-10-29 01:33
[PR]
# by isshaissou | 2015-01-16 09:51 | 一写一想(過去作品)

光 [#487]

e0198787_9252761.jpg



明日は光のようでしょうか

そう尋ねる種子があった

未来は光のようでしょうか

そう尋ねる種子があった

ざわついている今は光のようでしょうか

そう尋ねる種子があった


種皮に覆われている種子は

光を知らないので

疑問は肥大化する



2010/9/9(木) 午後 8:14
[PR]
# by isshaissou | 2015-01-16 09:25 | 一写一想(過去作品)


わたしの日常をどうぞ、あなたの日常は美しいですか?


by isshaissou

プロフィールを見る