残炎 [#583]

e0198787_217225.jpg


瞼を閉じても残る炎のような閃光を

今はもう消すことを諦めよう

今までに試みた方法では

決してその炎は消せやしない

その過去は現実を燃やして見せる閃光として

流れていく時間を一つ一つ焦がしながら

じっと凝視していってやろうじゃないか

燃えて見えないその部分の温度を

強く感じながら
[PR]
# by isshaissou | 2014-10-14 02:25 | 一写一想

記憶と私について [#582]

e0198787_1595993.jpg


記憶が明日になる前に

私は記憶を私にしなくてはならない

眠る前に訪れる

そんな強迫観念にも似た私は

いつの記憶が生み出したのだろうか


忘れてしまうことが

いつから恐ろしくなったのか

それを思い出すことが出来ないのに

ただ気持ちだけが浮遊して

記憶を貪り喰う


記憶が明日になる前に

私は記憶を私にしなくてはならない

眠る前に訪れる

そんな強迫観念にも似た私は

いつの記憶が生み出したのだろうか
[PR]
# by isshaissou | 2014-10-14 02:09 | 一写一想

髪 [#581]

e0198787_11554371.jpg


風が髪を撫でながら抜けてゆく

そう認識する前にも風は私の髪を撫でているのに

見ようと思ったものしか見ることが出来ない不自由さを感じながら

女は風にそよぐ草を見て

美しい髪のようだと思った
[PR]
# by isshaissou | 2014-10-07 11:58 | 一写一想

生ぬるい風 [#580]

e0198787_21402921.jpg



「喉が渇くわ」

写真をみて一言

その人は言い残して去っていった



昨日も今日もたぶん明日も

漠然とした何かを

恐れている



実態が明確になるまで恐れているなら

遠い未来にも消える事は無いのだろうと

生ぬるい風が告げて去ってゆく
[PR]
# by isshaissou | 2014-08-12 21:59 | 一写一想

スケジュール帳   [#579]

e0198787_0223723.jpg


スケジュール帳が遠い未来までいっぱいの男は

今日も思い出の中を生きていく

いつからか未来が訪れる時

それは既に過去になっていた

綿密に計算された未来は

狂いの無い過去を生んでいく

ただひとつ

死の時間以外は
[PR]
# by isshaissou | 2014-07-09 00:23 | 一写一想


わたしの日常をどうぞ、あなたの日常は美しいですか?


by isshaissou

プロフィールを見る